ClipboardImage
個人住宅のお庭の植木から、公共スペースなどの巨木まで、問題を分析し、樹勢回復を図ります。
物言わぬ植物です。是非プロにお任せ下さい。

以下では実際の樹勢回復事例をご紹介いたします。

コブシの樹勢回復
症状 コブシの枝先が枯れてしまう。 
原因の予想 一般的に枝先が枯れる原因として、
  〆元周囲の地被類の影響で水分不足
  地下の排水不良
  E攵蹐硫蹴愿要因
などが考えられます。
今回の場合は、前年度に地被類の撤去とマルチングを行っており、今回,硫善工事では効果が十分見られなかったため、2件の試験、検査を行いました。

≪ 現地透水試験 ≫

地下の排水状況を調査するため透水試験を実施しました。

長谷川式簡易現場透水試験


ClipboardImage
試験孔
ClipboardImage
掘削土壌(試料)
ClipboardImage
掘測定状況

結果、最終減水能(水分が減る量)は180mm/hで植栽基盤としての判定は良好でした。



≪ 科学的検査 ≫

土壌の科学的要因を検査するために、現地で採取した土砂を持ち帰り検査を実施しました。


その結果、pH(H2O浸出)8.2(植栽基盤基準 5.0〜8.0)
       電気伝導度0.68(植栽基盤基準<1.0)
       還元鉄(Fe供法沺平∈牢霹彜霆燹++)ということでした。


pHについてはアルカリに傾斜しているという結果になりましたが、数値は許容範囲を若干超えていつ程度で、一般的には経年とともに酸性化していくので、植栽当初は今以上にアルカリ性が強かったと考えられます。


≪ 改善策 ≫

 植栽基盤の土壌のpHを改善するために、下記の改良を行いました。


● 根元周囲にピートモスで土壌を酸性化する。
● 真珠岩系パーライトで通気性の改善を行います。
●バーク堆肥を入れることで不足が見られる有機質系を補充します。    


ClipboardImage
作業前
ClipboardImage
掘削状況 
深さ1.0m、幅0.5mでドーナツ状に掘削

実際、現場で掘削したところ地下80僂里箸海蹐頬豹絏湛された建築物があり、地下水がコブシの根付近で溜まっている状態でした。よって枝先が枯れている原因として、△涼浪爾稜喊緝堽匹犯縮世靴泙靴拭
 


ClipboardImage
水が溜まり土が濡れていた 
ClipboardImage
土壌改良状況
ピートモス・真珠岩系パーライト・バーク堆肥を混合した土壌改良材とマサ土を7:3の割合で現地混合し、埋め戻しました。
ClipboardImage
ClipboardImage
水が溜まっていた箇所は、濡れた土を出来るだけ除去し、土壌改良材のみを埋め戻し、通  気性・有  機質が向上するように改善・対応しました。


作業後
ClipboardImage