こんにちは。
昨年の秋に植えたピンク色のチューリップの球根が
4月にほぼ満開になり
チューリップの横に愛犬を座らせて
写真におさめたいと奮闘しましたが
じっとしなかったので断念。
来年に持ち越しとなりました。

桜に並んで春の象徴ともいえるかわいらしいチューリップですが
じつは犬や猫にとっては有毒な植物なんです。
ほかにも、ユリ、ヒヤシンス、などの球根植物は口にすると
下痢や嘔吐などの中毒症状を起こしてしまうようです。

スイセンやスズランなども犬や猫にとっては
危険な植物として挙げられ下痢や嘔吐のほか
アレルギーの事故を起こすケースもあるようなので
取り扱いには注意が必要です。

ほかにもまだありますが、いずれまたの機会に。

ガーデニング中はわが家の犬はいつも
家の中から眺めているか吠えているかのどちらかなので
球根をかじってしまったりという危険はありませんが
万が一散歩中に花や球根を口にすると
命に関わる一大事になってしまう可能性があります。
犬にとっては有害な除草剤や農薬がかかっている場合もあります。
お散歩が楽しい季節でもありますが
注意をしながら楽しくお散歩したいですね。
コラムR5チューリップ
R3.5babu