大阪府にある長居公園内にある
植物園での作業です。

園内に植えられている高さ約7メートルほどある
枝垂桜(シダレザクラ)を移植することになり
「根回し」という作業を行いました。


シダレザクラ作業前
根回しとは移植のための下準備のことです。
移植後に、枯れることを防ぎ
生育をよくするために行います。



幹の根元直径の約3〜5倍の鉢を決めて
周囲を掘り下げます。
001

たくさんの根があるうちの
太い根を三方あるいは四方を残します。
太い根を残すのは樹木を支えるためです。
002

他の根はハサミもしくはノコギリで切断します。
根を切断することにより新しい細根の発生を促します。
003

残した太い根は剥ぎ取り殺菌剤と発根促進剤を塗布します。
細根を出すことによって成長し続けることができ、
移植の際に根の先端の部分を失っても
細根が出ていることで枯れる可能性が低くなります。
004

土を埋め戻したら、たっぷりと水をあげます。
006

数ヶ月後には、切った根の先と
表面のはぎ取った部分から細い根が出てきます。
007

剪定し支柱を設置し完了です。

「桜」といえば春の風物詩
今回作業を行った長居植物園では
シダレザクラの他、
人気の「ソメイヨシノ」をはじめ、
数種類の桜が見頃を迎えます。
それぞれ開花時期が異なりますが
3月4月は「桜ウィーク」が開催されています。
ぜひ、長居植物園に足を運んで
「春」を楽しんでくださいね。

長居植物園HPはコチラ
008